読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりーん

20代新米主婦/家事の効率化/節約/ミニマルライフ目指してます/ゆる着物/英会話にも興味あり/新潟県内のお出かけ日記も♪

実家を片付けていて思うこと

実家のかたづけ 実家の片付けツライ

こんばんは!
年末に帰省したときの話です。
片付けをしていて、ちょっと気持ちが沈むこともあります。

孤独な気持ちになることも多い

実家の片付けは仕事を辞めたのを機に私が初めました。
はじめは否定的だった両親も、だいぶ協力的になってきたことが嬉しいです。

けれどたまに、なんで自分だけ焦っているんだろう、と思うこともあります。

わたしとしては良かれと思って片づけをやっていますが、
「また捨てて!」なんでそんなに急ぐのか、と文句を言われることも多いです。
(最近ではやり過ぎないように加減しています)

「家ごと処分するから無理に片付けなくていい」というのが母の口ぐせになってきています。
f:id:yururiururi:20160224210750j:plain

わたしの考え

両親は年をとって、今でさえどこが痛いだのなんだかんだ言っています。
これから両親二人だけで片付けるのは疲れるだろうし、身体が絶対しんどくなると思います。

私も年を取っていくので、なるべく若いうちに片をつけたいと思っています。
(腰痛持ちで、普通の若者よりへぼいので。)
しょっちゅう帰れるのは今だけだと思いますし。
だから余計に片付けを焦ってしまうのかもしれません。

思えば、家族に自分の考えをちゃんと伝えていたかというと、そうではなかったかもしれません。
自分のなかだけで考えが完結していました。

片付けとか、二人の将来について話そうとしても、
嫌な顔をされたりはぐらかされることが多かったので、諦めていたのかもしれません。

初めて話したかも

今回の帰省中、母とポツポツ将来のことをほんとにポツっとしゃべりました。

両親は将来ともこの家に住むのか、住み替えはするのか。するとしたら、どこに住みたいか、とか。
「家ごと処分する」って言ってるけど、処分した後はどこに行くのか。

べつに答えが出たわけではありません。

けっきょく「あれも嫌、これも嫌」と言われて終わりでしたが^^;

今まで、こんな話はしたことなかったので、ちょっと前進したのかなと思いました。

一応なにかしら考えてくれているのがわかって嬉しかったです。
わたしだけが考えているわけじゃないんだと。

両親に望むことってなんだろう

両親がいざ住み替えをしたいと考えた時に、
すぐに実行できる状態にしておきたいと考えています。

そのためにも、不要なものは処分して身軽な状態でいてほしいと思っています。

それだけです。
身軽な状況を一刻もはやく手に入れたいんです。

※最初に家の片付けに手を着けたときは、ほんと、魔界みたいなものでした。
そこから思うと、ずいぶんマトモになったとは思います。

話し合うって、すごく大事なんですが、話をもっていくのが難しいと感じます。

もっと気軽に話せる雰囲気を作れたらいいなと思います。

それでは!


☆ブログ村トラコミュ
親の家の片づけ