ゆるりーん

新潟→東京に引っ越してきた20代主婦。家事の効率化や節約ネタが好きです^^

台風の準備が意外とできた。

スポンサーリンク

ものすごい台風がくると。

ほんと準備が苦手で。
けど、なんかしなあかんし…

とりあえずスーパーでパンを買おうと見に行ったら、すっからかん。

うそやん??
あしたのパンもないねんけどうち。

もう一軒行ってみても同じ状態で。
カップ麺、レトルト、パン。すかすか。

仕方ないので、かわりにお菓子を買いました。ルマンドのファミリーパックにしたった。

(「大丈夫、我が家にはアーモンドもリンゴもあるし」と自分に言い聞かせながら。)

一応やった準備

  • 現金を多めにおろした(なるべくキャッシュレス生活なので、現金が手元にほぼない)
  • 多めにご飯を炊いた。
  • 風呂に水を張った。(夫)
  • 物干しざおをおろした。(夫)
  • 断水がムリすぎて、空いてるポットや鍋、やかん、ペットボトルに水をためる。
  • 大きめの保冷剤を冷凍しておく。(ペットボトル使うほうがよかったかも)
  • スマホもアイパッドも充電満タンにした。
  • モバイルバッテリーはいつも使ってるから安心。

いつもの延長でもできるもんだな。

  • 下水が逆流した時用にビニール袋をその辺においておく。

(ビニール袋に水入れて口縛ったやつを排水溝やトイレに置いておくと逆流防止になる、とツイッターで見て。)

  • 停電とか断水とかならないうちに、使った食器類はさっさと洗う。

めんどいけど。


ついに風がやばい音になってきて不安マックス。
(新潟の冬の風にそっくりだった。東京でこんな目にあうなんて!)

窓ガラス割れたら終わりやん…

もしものときにパッと出られるようにちょいちょい準備をはじめる。
てもとにリュックを引き寄せて、いろいろ放り込んでいく。
(旅行の準備しはじめのときみたいにとりあえず入れていく)

  • お茶のボトル、
  • 替えの下着一式、
  • 一応ナプキンもすこし。
  • 使い捨てトラベルパンツも。
  • 薬、靴下、ストール。

思いつくままに放り込む。

  • 印鑑とか通帳とかの貴重品ポーチはいつものショルダーに。
  • モバイルバッテリーも忘れないようにメモしておこう。(ぎりぎりまで充電しときたいし)
  • お菓子も持っていこう。

あ、避難用に準備してたカバンにビスコあったはず!
見たら賞味期限きれてた。がびーん。
というわけでその場で食べた←おなか壊したらアホやなーなんて思いつつ。

  • 靴箱からカッパを出して玄関に置いておいた。
  • 停電のときに使えるかもしれない、キャンドルを近くに置いておく。

案外いろいろあったんやな我が家。


ああ、無事でいられますように!ほんま無理やから!!
こんなとこで被災したくない死にたくない!!

めっちゃスマホの警報?鳴るし。
東京も避難準備とかいろんな区で出るし。

がたがた震えながら疲れて少し寝てしまった。
起きたら風の音してなくて、え??

台風の目に入ったんかな??
よくわからないまま、そのあとも風は弱く。

夜寝て今朝起きたら、なんもなかったみたいに通りすぎてた。
助かった…

親や友達に無事ですLINEした。

ほんとドキドキした。
ら、新潟の大河津分水があふれそうになってるって聞いて焦った。
テレビでは全然言わんし。

千曲川が氾濫したのはやってたから、その下流の信濃川も危ないわなとは話してたけど!(長野の千曲川が新潟に入ると信濃川に名前が変わる。同じ川)

長岡で浸水したらしくてつらい。
大河津分水もまだ心配やし。

無事であってほしい。