ゆるりーん

この春、新潟→東京に引っ越してきた20代主婦。家事の効率化や節約ネタが好きです^^

ぎっくり腰2日目。だいぶ過ごし方のコツがわかってきたので、メモ

スポンサーリンク

ギックリ腰2日目

布団で横になったまま職場に休みの電話を入れて、
基本的に布団で横になっていました。
(起き上がるのが大変で)

痛みも少しだけマシになって、動く時のコツも掴めてきました。
体験談とともに、動き方のメモを残します。

寝返りが不便です。
が、昨日よりはマシになってるかな。

布団から起きる→立ち上がるまでに15分

朝イチは腰回りが固まってる感じ。

涅槃の姿勢は大丈夫。

布団から起きる方法

仰向けから半身起き上がるのは、無理。

膝を倒す力を使って、仰向けからいったん横になった勢いのまま、ぐわーんと大きくカーブをえがきながらなんとか起きる。
ちょいと痛いけど。腰はひねらないように、上体も同時に動かす。

後ろ向きに四つん這いで進む

半身を起こしたら、四つん這いになる。

前向きには痛くて行けないので、後ろ向きに動く。

まず、片足をみよーんと伸ばしてから、身体を後ろへスライド。後ろハイハイの足伸ばすバージョンで。

この調子で扉を目指す。

立ち上がる方法

扉まで行ったら、引き戸を足であけて、両脚を敷居の上へ。

戸の枠を支えにしてゆーっくり立つ。

中途半端な姿勢は痛いので、立ったら腰をピーンと伸ばし気味にする。

身体を伸ばすのは痛くなかったです。逆に、屈むと痛い。

あと、立つときに痛みを感じても、パニックにならないよう平静を保つ。

ご飯はラクな姿勢で

旦那さんに上げ膳据膳で…助かりました!
かがむ感じの姿勢は厳しいので、少し後ろにのけぞりながら食べました。

午後

やっと歯磨きできた!

うがいできるかも??って気分になり、歯磨き。
頭を出すのが無理で、うがいができない!

しかし磨いたもんはしかたない。

うがいの仕方

コップを媒介にしてうがいを敢行。

口をゆすいだらコップに出す。コップから洗面台に流す、
コップをゆすいで水を入れて口へ…の繰り返し。

QOLとは…生活の質とは…と思うけど、とりあえずコップ優秀すぎ。

トイレのポイント

洋式への座り方

便座に背を向け、トイレは足を軽く前後にして、脚の力で平行に身体を下ろす。痛みを逃しながら。

便座より前の方になるので、そのまま、後ろに平行にスライド。脚の力で!

座ったら、足を前に伸ばして、背中を少し後ろに倒してみたりして痛みを逃す。

拭くとき

拭くときがつらいんだこれが。左手にしてみるが痛い。

小の時は痛みをこらえながらサッと軽く拭く。

大の時はウォシュレットに頼る→軽く水気を取る。(ちなみに、いきむのは痛いので、自然にまかせる。)

便座からの立ち上がり

なんとかするしかない。

ドア枠と、トイレットペーパーホルダーを支えにサッと立った。
(トイレットペーパーホルダーが落ちて支えが急に無くなるのは1番やばいから、じんわり立ち上がってる余裕はない)

ズボンの上げ下げも無理をしない。

ゆっくりで!

いかに腰に負担をかけないで動くか。

読書か、スマホでAmazonビデオ

腰が痛くて動けない以外は、お腹も減るし、口も達者だし、元気。

そんな状態で布団にずっといるから暇です。
本を読んだり、久しぶりにAmazonビデオを観たりして過ごしました。

アクション系ドラマ
『NIKITA / ニキータ』

主演の女優マギーQさんに釘付けです。スーパーボディだなー、沢尻エリカさんに似てるなーなどと思いながら観てます。

無理しない程度にゆるーく身体を動かした

できる範囲で膝を交互に倒してみたり、うつ伏せになってみたりもしました。

効果はわかりませんが、気持ちのいい範囲で!

就寝のとき、腰がムズムズして不快だった

仕方ないか…
まだ2日目。

なるべく楽な姿勢を探しながら寝ました。

☆関連記事
▼3日目はこちら

▼ギックリ腰1日目