読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりーん

20代新米主婦/家事の効率化/節約/ミニマルライフ目指してます/ゆる着物/英会話にも興味あり/新潟県内のお出かけ日記も♪

何を買えばいいのかわからないのは、どういう自分になりたいかが決まっていないから

こんばんは!

決められない人間です!
もやもやを吐き出します。

何を着たらいいかわからないんです!

トップスの話です。
今2着を交替に着ている状態で、洗い替えを考えるとちょっとキツイんですね。
で、ピンチヒッターに冬用の厚手のタートルを着るんですが、最近いきなり気温が上がって、こちらも厳しくなってきました。

働いていた頃のカッターシャツもありますが、普段着には合わないので着ないんです。←あれ?断捨離候補ですね?

しかも、交互に着ている2着は、
ひとつは綿100%で伸びなくて着心地が微妙。
もうひとつは毛玉だまだまでそろそろ寿命。

ということで買い替えたいなと思いつつ、自分が何を着たいのかがわからないんです。

わからないというのも変ですね。
図書館で雑誌の最新号を見ても、かわいいけど果たして自分に合うかといえば微妙。

自分はどんな人に見られたいのか、その方向性がなくて、それゆえに買う服を選べないんです。決められない。

自分の方向性、テーマを決められないから買う服を決められない。
から、毎日なんか不便だなと思いながら着続けているのが今の状態です。

バシッと決めて、決めた方向に突っ走っていきたいです。

骨格診断とか、パーソナルデザインとか、そういうのに引っ張られすぎているかもしれません。(自己診断なので、余計わけがわからない)

何が似合うのか似合わないのか、
何を似合わせたいのか…

この本、参考になります!

『ニューヨークの人気スタイリストが教える 似合う服がわかれば人生が変わる』

ニューヨークて!
日本人と体型違うやん!とか思いつつ手に取りましたが、よかったです。

パーソナルカラーや骨格診断はひとまず置いておいて、
自分の伝えたいイメージを体現できる服装をする。

その服はどういうイメージを発信しているのか、なにを伝えているのか・・・

そういう話が書かれています。
本の中に書かれていたファッションノート、作ってみようと思います。

そうそう

強いていえば、最近は着物のことをよく考えています。
もともとほとんどなかった洋服への興味が、着物にむかっているのも一因かもしれません。

ああそうか、着物を着ればいいのか。

↑ 何回かこれ頭の中で繰り返してます^^;

着る洋服がなさすぎて着物デビュー、あるかもしれませんね。

あれ、なんの話でしたっけ?^^;

そう、自分に責任を持つというと大げさですが、自分で決めて進んでいくことが苦手なんです。だいぶできる場面も増えてきましたが、まだまだ苦手なまま。

けど、やらんきゃですわ。着る服が…ないんだから!
(やらんきゃ=やらなきゃ※新潟弁)

それでは。