ゆるりーん

この春、新潟→東京に引っ越してきた20代主婦。家事の効率化や節約ネタが好きです^^

【腰痛・リハビリ】人生初のリハビリに行ってきました。

スポンサーリンク

ヘルニアと診断され、
この前、人生初のリハビリに行ってきました。

痛かったらやだなぁ、怖いなぁ…でも治りたいしなぁ…と思いながら整形外科へ。

予約の時間に遅れそうだったので、汗をかきかき急ぎました。

体温と血圧を計ったら、はい、リハビリ台です。

リハビリは、理学療法士の先生に担当してもらいます。以下、リハの先生と呼ぼう。


初回は「リハビリテーション総合実施計画書」というものを作るため、痛みなど現状のチェック。

げっ!
絶対痛いやつやん!

って思ったら痛くなかった!

痛む箇所を手で示したり、現状の聞き取りでした。ふー。

ってひと安心してたら、
片足立ちや、背中をそらしてねじる動きのチェックが!

ハラハラしましたが、痛くなる前にやめれるので、大丈夫でした。

あとは、背骨を少し押されたり、背中や足を触って筋力などをチェックされました。

どうやら、背骨が歪んでで、筋肉が少ないそうです。ガビン。

また、後ろ重心の猫背になってるらしく、リハの先生が私の猫背を再現してくれたんですが、すごい。
たしかに、わたしの姿勢そんな感じだわ。

あと、わたしの脚は太ももの前面とふくらはぎが張り出してる変な見た目なんですが、それは脚の裏の筋肉が弱いからだそう。

なんか、パーソナルトレーナーみたいだなと思いました(受けたことないけど、イメージ)


そうそう、少し腰まわりをほぐしてもらいました。
脚を曲げられたり、伸ばされたり、持ち上げられたり。

ひぃ!って、

腰が痛くなりそうでハラハラしました。
ビビリ人間なので 汗

そのたびにガッチガチに身体が硬くなっていたそうで、

硬いまま無理やり伸ばしてもダメなので〜ということで、初歩の初歩段階から始めることになりました。

まったく痛くないストレッチから。

腰の可動域を広げるやつと、脚の裏側を伸ばすやつの2種類。

ストレッチは、グイグイ反動をつけて伸ばすんじゃなくて、じわーっと伸ばすことが大事だそう。

とりあえず続けねば。

リハビリの長期、短期の目標を決めて計画書づくりは終わりました。
期限は5ヶ月。←法律かなんかで、リハビリは150日までって決まってるそうです。
わたしの場合は来年の4月まで。

この計画書は今後も月に1回作っていくそうです。

体幹も筋力も足りないそうなので、やっぱり先は長いかー!


初回なので、計画作りと少しのほぐし、家でもやるストレッチを教えてもらって終わりました。

あと、謎の電子のやつ。

全部で1時間くらいでした。

次回予約をして帰りました。
なるべく週2回は通うようにした方がいいみたいです。


お会計は2,200円ほどでした。
内訳を見ると、計画書が約半分を占めていたので、次回からは半額くらいになるのかなー。

なんにしても、お金がかかるなぁ。

しっかし、腰椎椎間板ヘルニアと書かれた文字の物々しさといったら!
こわいわ!