ゆるりーん

新潟県に住む20代新米主婦/家事の効率化/節約/ミニマルライフ目指してます/ゆる着物/英会話にも興味あり/新潟県内のお出かけ日記も♪

穴の開いたカシミヤセーターを「ダーニング」で可愛く補修しました♪ 楽しかったです^^

気に入って着ていたユニクロのカシミヤニットに2か所、穴が開いていました。
気になりながらも、どうしていいかわからなくて、冬の間は無視して着ていました←

楽しいお直しのやり方を知ったので、やってみました^^
▼こんな感じ
f:id:yururiururi:20180525113043j:plain

ダーニング

靴下やセーターに穴が開いたとき、パッチ(ワッペン?)をつけたりしてふさぎますよね。

ダーニングは「外国版 見せるかけはぎ」といった感じの、
毛糸や刺繍糸だけで簡単にかわいく穴をふさぐやり方です^^

▼この本の靴下も、毛糸でかわいくダーニングされてます♪ 織物みたい^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

繕う暮らし ダーニングで衣類をもっと素敵に [ ミスミ ノリコ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/5/25時点)


使ったもの

毛糸(30~40cmくらい)、とじ針、ダーニングマッシュルーム(の替わり)、小さいフォーク

▼耳慣れない「ダーニングマッシュルーム」というのは、こんなのです。

穴の開いたセーターなどにあてがって、縫いやすくするものです。

でも、これはなくても大丈夫です^^
(ダーニングマッシュルームは高いので←)

ようは、上が丸まってるものならなんでもいいので、
電球やマラカス、何ならスプーンでもいいようです♪

わたしは、デオナチュレ ソフトストーンを使いました。

キャップの丸みがちょうどよかったです^^
デオナチュレの効果がすごい! もっと早く買えば良かったー! - ゆるりーん

ちなみにかかった時間は、小さな穴ひとつに25分くらいでした。

始めます


どれにしようかな。

毛糸は実家から少し持ってきたもの。たぶんウール。
馴染むか心配でしたが大丈夫そうでした。
カシミヤの毛糸もあるらしいです。(高いけど!)


デオナチュレ(マッシュルーム代わり)をあてがう


※ほんとは輪ゴムをかける。

とじ針でタテ糸をかける

範囲は大きめに縫うのがポイント。
タテ糸をかけて、ヨコ糸を通す織物の要領です!

これはタテ糸をかけ終わって、ヨコ糸を通してる場面です。

ヨコ糸を通す

ヨコ糸を通したら、小さいフォークでトントンすると綺麗になります♪
まさに織物!

ジグザグとヨコ糸を通しては、フォークでトントン。を繰り返すと、

サッポロポテト バーベQ味~!


アフガン編みみたいですね♪

裏面の処理


出てる糸は玉止め不要です♪

線にテキトーにくぐらせて、切ったら終わり!(かぎ針編みの要領です)

縫い始めてからここまで、30分かからなかったです(^^)

もういっこの穴はもっときれいにできた


途中で色を変えると、より可愛い(^^)

裏面も処理しました

完成

いろいろやってたら1時間超えました。

楽しかった!
ああ、センスが欲しい(*´ω`*)

ビフォー / アフター


わたしは基本的に服は着つぶすタイプなのですが、
お気に入りのものは、繕って大事に使っていくのも楽しいですね^^

(少しの毛糸だけでできるのが嬉しい)

虫食いなどで穴があいたり、透けてしまったりした靴下やセーターなどがあれば、ダーニングでリメイクしてみると楽しいと思います♪

▼この和片(ワッペン)可愛い(*゚∀゚*)

いろいろ組み合わせたい♪

☆やりはじめると、手芸って楽しいです(*^^*)