読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりーん

新潟県に住む20代新米主婦/家事の効率化/節約/ミニマルライフ目指してます/ゆる着物/英会話にも興味あり/新潟県内のお出かけ日記も♪

『100万円と苦虫女』わたしは好きです!

こんばんは!

プライム会員になって、さっそくいろいろアニメやらドラマやらを観て楽しんでます^^

この記事で書いた『100万円と苦虫女』を観ました。
yururiururi.hateblo.jp

『100万円と苦虫女』

観る前のイメージ

100万円を貯めるまでは何が何でもがんばって、貯まったら、
どんなに良好な人間関係があっても町を出て行くと決めている不器用な女の子の話。

100万円という区切りをつけて、
ひとつの場所(土地も職場も)に縛られないところに憧れを感じていました。

み終わって印象に残ったところ

*主人公は引越しを繰り返すわけで、スーツケース1つ(と、肩掛けカバン)で街を移っていくのが、印象的でした。必要な荷物が少ない!

歩道橋で一段一段、一生懸命スーツケースを持ち上げてのぼっていくところとか好きです。

*いろんな職業をやってみて、思わぬところで得意なことと出会うところとか。

*あとは、夏の雰囲気が素敵なところと、
田舎の理不尽な感じがすごかったです。

*人間関係は不器用だけど、どこか飄々としている主人公が好きです。

*最後は、うわー!
きゃあー!

ってなりました。

*それと、ひとのものは勝手に捨ててはいけない!

結論:観てよかったです♪満足しました^^

次々場所を移っていけること

いいことばかりじゃないだろうけれど、あこがれます。

短期間だけ部屋を借りるのにも敷金・礼金が必要だとすごくやりづらいですが、

今はゲストハウスなどの充実で短期ステイがやりやすくなっているので、
苦虫女を実行しやすいかもしれませんね!

気軽に移動していける社会になってきているのかもしれません!

それでは!